性交痛

一人でお悩みの方 なおえビューティークリニックへ一度ご相談ください。

性交痛

2017年01月18日

「夫のちんぽが入らない」読みました

発売前から気になって、予約していた本が、きょう届きました。

「夫のちんぽが入らない」

IMG_3709

衝撃のタイトルなのですが、

おふざけ全くなしの、切実で深く考えさせられる内容です。

仕事の空き時間で、一気に読み終えました。

大好きなパートナーと体の関係を持つことができないという実話です。

 

「夫のちんぽが入らない。交際期間を含めて20年、この問題は私たちをじわじわと苦しめてきた。周囲の人間にはなしたことはない。こんなこと軽々しく言えやしない」(本文より)

 

世間では当たり前のように誰でもできると思われている性交渉。

でも、できないことがある、という事実を知らない人があまりにも多すぎて

誰にも相談できないまま苦しんでいる人がいるのです。

 

「なぜ普通にできないのだろう」

「自分の不能さにうちひしがれた」

「もう、人間として駄目なんです、死んだほうがましなんです、、、」

(本文より)

 

誰も悪いわけではないのに、

ひたすら自分自身を責め続ける著者の思いが、

涙なしには読めないくらい伝わってきました。

 

内容から考えると、おそらく処女膜強靭症。

私のクリニックでも、相談に来られる方がとても多いです。

そして、治療すれば性交渉もできるようになるのです。

>>処女膜強靭症の症状・治療法について
 
 

「母は、病院で診てもらいなさい、と言う。

けれど、医師は私に言うのだろうか。奥さん、よくあることですよ、と。

そんなことを相談するくらいなら、押し黙ったまま老いていきたい。」(本文より)

 

この部分を読んだとき、私はとても残念な気持ちでいっぱいになりました。

治療ができるという事実さえ伝わっていたら、、、

 

たしかに、婦人科の医師でも、処女膜強靭症の診断ができない医師は多いです。

というより、診断できない医師のほうが多いというのが私の印象です。

潤滑ゼリーを渡すだけならまだましで、

我慢が足りない、などとひどいことを言われたということもよく聞きます。

世の中の人たちへ周知してもらう以前に

医者への教育が必要かもしれません

 

私のクリニックに処女膜強靭症の治療に来られる方の多くは、

この著者のように長い間思い悩み、深く傷ついておられます。

診察室に入ったとたんに、その場で泣き崩れる方もいらっしゃいます。

日々の診療で、このような方とお会いすることが増え、

私自身、相手の気持ちや苦しみを理解できるようになったと思っていたのですが、

今日この本を読んで、まだまだ本当の苦しみを理解できていなかったのではと、深く考えさせられました。

 

タイトルを見て、笑った人にこそ読んでいただきたい本です。

 

そして、昨年私が出した本、

「女性器コンプレックス~愛する人と交われない女たちの苦悩」

こちらもぜひご覧になってみてください。

お悩みがある方には、解決方法が見つかるかもしれません。

 

同じように悩みをかかえた女性たちが、一人でも多く救われますことを心より願っています

>>「女性器コンプレックス~愛する人と交われない女たちの苦悩」詳細はこちら
 

FullSizeRender

 

 

カウンセリング当日の手術可能
ご希望の方は、注意事項などのご説明をいたしますので、お電話にてお問い合わせください。

※手術のご予約の際には、手術代金の一部をご予約金としてお預かりさせていただきます。完全予約制のため、変更・キャンセルの際には既定のキャンセル料が発生いたしますのでご注意ください。

安心の保証制度
すべての施術で、施術後の再診はいつでも無料。
保証制度もご用意しました。
詳しくはこちら
交通費補助
施術料金が20万円以上 + 往復の交通費が1万円以上の方に限り、交通費を上限1万円まで補助します。
他院で失敗した方へ
一人ひとりに最適な解決法をご提案しております。
詳しくはこちら
診療時間
診療時間 日・祝
11:00~20:00

◎土・日・祝 10:00〜19:00 日曜日不定休
休診日につきましては、新着情報をご確認くださいませ。

PAGE TOP