診療項目一覧 - 小陰唇縮小手術

小陰唇を小さくしたいと一人でお悩みの方 なおえビューティークリニックへ一度ご相談ください。

小陰唇縮小手術

小陰唇を小さく(小陰唇縮小)

施術時間は片側で20分、両側で40分前後。 お写真でのシュミレーションで納得のいくカタチへ。「小陰唇縮小」

デリケートゾーンは他人と比較することが難しいため、自分がほかの人と比べてどうなのか、わからずに悩んでいらっしゃる方も多いです。

  • 自転車やジーンズで痛みや違和感を感じる
  • 立った状態を正面から見たとき、小陰唇がはみでている

といったことに心当たりがございましたら、普通よりも大きい可能性が高いです。

小陰唇肥大の原因として、男性経験が多いと小陰唇が大きくなり黒ずむ、と言われることもありますが、これは全く誤った情報です。

小陰唇は、身体の成長とともに大きくなり、どこまで大きくなるかは個人差があります。大きくなると刺激を受けてさらに大きくなったり、摩擦で黒ずみが濃くなったりするのです。

実際にモニターさんの写真をお見せしてご自分の状態と比較していただくこともできますし、診察させていただいて手術が必要かどうかをご相談することもできます。

カウンセリングでは、ご希望の大きさや形を細かくご相談させていただきます。ご希望の方には写真でシミュレーションを行いますので、術後の状態を前もってご確認いただけます。

手術では、メスとラジオナイフ(高周波メス)を使い分けて使用しますので、傷をもっともきれいにかつ出血を最小限に抑えることができます。

切開方法はただまっすぐ切るのではなく、ヒダの形や厚さによってそれぞれ変えています。これまでの豊富な経験をふまえ、お客様の状態にもっとも合った方法で切開します。

その後、何層にも分けて形成外科縫合します。

表面の縫合は、楽な連続縫合や皮膚用ボンド(粘膜およびその近くの部位での使用は禁止されています)などは一切使用せず、1か所ずつ細かく、さらに糸の跡が残らない方法で縫合していきます。

そのため、手術後の傷跡はほぼ消えてなくなります。

手術時間は大きさや形にもよりますが、片側で20〜30分、両側で40〜50分前後になります。
他院での手術時間よりは少し長めかもしれませんが、時間をかけた丁寧な手術が当院のこだわりです。

手術中は、音楽を聴きながらリラックスした状態ですごしていただきます。

縫合へのこだわり
①医療用ボンドは使用しません。

医療用ボンドは縫合の手間がかからず、技術のないドクターでも簡単に使用できますが、傷跡のエキスパートである形成外科では絶対に使用しません。なぜなら、形成外科の技術をもってすれば、糸で縫合する方法が一番傷跡がきれいだからです。また、医療用ボンドは、粘膜およびその近くの部位での使用が禁止されています。ボンドの化学成分が過剰に吸収されることや、粘膜への刺激が強すぎることなどの危険があります。

②糸へのこだわり

溶ける糸だと傷跡が残るというご心配をされている方も多いですが、全くの間違いです。傷跡が残るのは糸が原因ではなく、縫合技術によるものです。手術後に糸の刺激がお肌へのストレスにならないように、当院では一番やわらかく負担の少ない糸を使用しています。

まずはカウンセリングから

ご希望の方のみ、実際に診察をさせていただきます。診察をご希望されない場合は、お話のみでも大丈夫です。

小陰唇縮小手術について
手術後
カウンセリング当日の手術可能
ご希望の方は、注意事項などのご説明をいたしますので、お電話にてお問い合わせください。

※手術のご予約の際には、手術代金の一部をご予約金としてお預かりさせていただきます。完全予約制のため、変更・キャンセルの際には既定のキャンセル料が発生いたしますのでご注意ください。

安心の保証制度
すべての施術で、施術後の再診はいつでも無料。
保証制度もご用意しました。
詳しくはこちら
交通費補助
施術料金が20万円以上 + 往復の交通費が1万円以上の方に限り、交通費を上限1万円まで補助します。
他院で失敗した方へ
一人ひとりに最適な解決法をご提案しております。
詳しくはこちら
診療時間
診療時間 日・祝
11:00~20:00

◎土・日・祝 10:00〜19:00 日曜日不定休
休診日につきましては、新着情報をご確認くださいませ。

PAGE TOP