院長ブログ

一人でお悩みの方 なおえビューティークリニックへ一度ご相談ください。

院長ブログ

2013年10月08日

こてつ、ありがとう

10月1日、こてつはお星さまになりました。

病気が発覚して約10カ月。
はじめはもう長くないと言われながらも
病状は良くなったり悪くなったり
元気な時は、もしかしたらこのまま治ってくれたりしないかなと期待したりもして

夏ごろから、低血糖による神経へのダメージがすすみ
後ろ足がだんだんと動かなくなってきていました。
9月の最期の週末になって、とうとう後ろ足が全く動かなくなって
それでも日曜日には後ろ足を引きずりながらも前足だけで上手におもちゃと遊んでいました。

でも月曜日になって、とうとう立ち上がることができなくなり
その夜から、たびたび起こる全身の痙攣。
もういいよ、よくがんばったね、と
時々意識をとりもどすこてつに話しかけながら、一晩中抱いていました。

火曜日の朝、痙攣しながらほとんど意識のないこてつに、お願いだから帰るまで待っててと言って
私は仕事に向かいました。

私のクリニックだから、こてつを仕事場に連れて行こうと思えばできました。
そこで、こてつの最期を見届けてあげることもできたかもしれません。
でも、それでは100パーセントの仕事ができないのは明らかです。
私のところに手術に来てくださる方々にも、それぞれの強い思いがあって
私にはそれにお答えしなければならない責任がある
そう心に言い聞かせて、この日は仕事を続けました。

仕事を終えて、家に帰った時
すでにこてつは冷たくなっていました。
ひとりぼっちで逝かせてしまいました。

フェレットは、病気を隠すのが最も上手な生き物と言われています。
痛みや苦しさを隠して、ぎりぎりまで元気な姿を見せる動物なんです。
だから、亡くなる2日前におもちゃで遊んでくれてた時
まだ大丈夫かな、なんて思ってしまって
でも本当は、もうそこまでお迎えがきていたなんて

10月1日は、私の誕生日でした。
そして、これからは、こてつの命日にもなりました。

翌日、火葬が終わって、お骨になったこてつと自宅に帰ってきました。
この日は朝から嵐のような大雨で
でも、家に帰ってきた時には雨があがって
空には見たことのないくらい大きな虹が架かっていました。

これでお空に行ったんだね。
今頃は足も動くようになって元気に走り回ってるかしら。

私の子になって7年。
今までいっぱい笑顔をくれてありがとう。

?????????????????????? Photo ko

カウンセリング当日の手術可能
ご希望の方は、注意事項などのご説明をいたしますので、お電話にてお問い合わせください。

※手術のご予約の際には、手術代金の一部をご予約金としてお預かりさせていただきます。完全予約制のため、変更・キャンセルの際には既定のキャンセル料が発生いたしますのでご注意ください。

安心の保証制度
すべての施術で、施術後の再診はいつでも無料。
保証制度もご用意しました。
詳しくはこちら
交通費補助
施術料金が20万円以上 + 往復の交通費が1万円以上の方に限り、交通費を上限1万円まで補助します。
他院で失敗した方へ
一人ひとりに最適な解決法をご提案しております。
詳しくはこちら
診療時間
診療時間 日・祝
11:00~20:00

◎土・日・祝 10:00〜19:00 日曜日不定休
休診日につきましては、新着情報をご確認くださいませ。

PAGE TOP