コラム

一人でお悩みの方 なおえビューティークリニックへ一度ご相談ください。

コラム

2016年05月30日

ヒダの大きさに左右差が…そんな小陰唇肥大は手術で解消できる!

小陰唇はピッタリ閉じることで細菌などが膣内に侵入するのを防ぐ働きをします。足を閉じたとき、小陰唇は大陰唇の中に納まるのが通常ですが、小陰唇肥大になると、はみ出た部分が下着などにこすれて痛みを感じることが多くなります。

小陰唇ヒダの大きさだけでなく左右差も治せる!

女性の場合、性器の形や大きさを他人と比較する機会がありません。

そのため、自分の性器の形や色について、男性から指摘されて初めて知るということが少なくないようです。仮に自分で気がついても他人に相談しづらいため、1人で悩みを抱えてしまいがちです。そのため、専門医への相談が重要なのです。

例えば、小陰唇肥大は成長とともに大きくなってくるものや、事故やケガで左右差ができてしまうこともあります。人の身体は左右差があって当たり前なのですが、自分では見られないのに大切な人には見せる部分ともなると、少しでもきれいな形に整えたいと思うのが女心でしょう。また、左右差があると尿が片側に飛び散ってしまい、それがトイレに行くたびにストレスになっている方もいらっしゃいます。

小陰唇のヒダは手術で大きさを縮小できるだけでなく左右差をなくして形をきれいに整えることもできるため、多くの人が手術で悩みを解消しています。

小陰唇縮小手術は事前のカウンセリングが大事!

小陰唇肥大のヒダを縮小したり、左右差を整えたりする手術は、しっかりカウンセリングを受け、手術内容やダウンタイムについて納得してから受けることが大事です。

カウンセリングを受けることで、クリニックや医師の患者様に対する姿勢がよくわかります。

小陰唇のように普段は目に見えない部分でも、カウンセリングの段階でどのような形に仕上げるか、デザインについても話しておく必要があります。そうしないと、手術後にこんなはずではなかったということにもなりかねません。ご自分の今の状態をしっかりと把握し、どの部分をどのようにしたいのかをきっちりと伝えましょう

カウンセリング時に写真でシミュレーションできると、医師と患者のイメージが一致しやすく後々トラブルになるのも防げます。

小陰唇は女性器ですが、排尿時にも関わってくる部分ですから、どのような形に仕上げるかをしっかり話し合ってから手術に臨むようにしましょう。

見た目以外にもメリットがある小陰唇肥大の解消

小陰唇肥大や左右差を手術で解消するメリットは、見た目がよくなることだけではありません。

細身のパンツを履いたとき、自転車やバイクに乗ったときなどに挟まったりこすれたりして痛かったという人も、手術で形を整えたら痛みを感じなくなります。

また、性行為の際にも、ヒダが巻き込まれて痛むようなことがなくなります。それ以上に「これでもう大好きな男性に見られても大丈夫」という安心感を持てるようになることが、手術を受ける最大のメリットと言えるかもしれません。

 

性器に対する悩みが深い人ほど、この手術は大きな心のケアになってくれます

◆小陰唇肥大の診療科目ページ
ヒダが大きい(小陰唇肥大)
小陰唇縮小・整形手術

◆小陰唇肥大に関するコラム
パンツが擦れて痛い…それって小陰唇肥大が原因かも?

カウンセリング当日の手術可能
ご希望の方は、注意事項などのご説明をいたしますので、お電話にてお問い合わせください。

※手術のご予約の際には、手術代金の一部をご予約金としてお預かりさせていただきます。完全予約制のため、変更・キャンセルの際には既定のキャンセル料が発生いたしますのでご注意ください。

安心の保証制度
すべての施術で、施術後の再診はいつでも無料。
保証制度もご用意しました。
詳しくはこちら
交通費補助
施術料金が20万円以上 + 往復の交通費が1万円以上の方に限り、交通費を上限1万円まで補助します。
他院で失敗した方へ
一人ひとりに最適な解決法をご提案しております。
詳しくはこちら
診療時間
診療時間 日・祝
11:00~20:00

◎土・日・祝 10:00〜19:00 日曜日不定休
休診日につきましては、新着情報をご確認くださいませ。

PAGE TOP