診療項目一覧 - 処女膜切開・切除(処女膜強靭症)手術 

一人でお悩みの方 なおえビューティークリニックへ一度ご相談ください。

女性器整形 なおえビューティークリニックTOP > 診療項目一覧 >  女性器診療 >  処女膜の治療 > 

処女膜切開・切除(処女膜強靭症)手術 

処女膜切開・切除(処女膜強靭症)

  • スタッフは全員女性
  • 婦人科症例5,000症例以上の女医院長が担当
  • 待合室で他の患者様と顔を合わせることもありません

処女膜切開・切除(処女膜強靭症)

処女膜切開・切除(処女強靭症)手術が必要な症状

処女膜とは腟の入り口付近にある粘膜のヒダのことで、その形は変化に富んでいて、薄くてやわらかいもの、厚くてかたいもの、全体に張りわたされているもの、一部分にしかないものなど、人によってさまざまです。

処女膜は通常やわらかくて薄いため、初めの性交渉で簡単に切れ目が入り、破れます。 しかし、中には生まれつき処女膜が厚くて硬かったり(処女膜強靭症といいます)、形状が異常であることがあります。 そのような場合、痛くて性交渉ができなかったり、できたとしても毎回出血してしまうこともあります。

 

・痛みが強くて、性交渉ができない
・性交渉はできるが、毎回痛みが強くてつらい
・性交渉の度に、痛みと出血がある
・自分もしくはパートナーの指すらも入らない
・パートナーに、何かつっかえる感じがして、先にすすまないと言われた
・膣の入口が、ふつうでない感じがする

 

こうした症状に心当たりのある場合は、処女膜に原因がある可能性が高いです。 処女膜を切開・切除することで、痛みや出血もなくスムーズに性交渉ができるようになります。

また、この処女膜の症状は、婦人科で診察を受けても異常がないと言われてしまうことがとても多いです。 そのため、自分はそういう身体なのだとあきらめてしまい、長い間おひとりで悩んでおられることも少なくありません。 少しでもお心当たりがある場合は、あきらめずにご相談にいらしてください。

 

処女膜切開・切除(処女膜強靭症)手術とは

性交痛の症状がある場合、手術が必ず必要な場合とそうでない場合があります。 手術が必要なのに間違った治療を続けていると、時間とお金ばかりがなくなってしまった結果、何も改善されなかったということにもなりかねません。 手術が必要かどうかの判断は、処女膜に精通した医師でなければ判断はとても難しいです。

 

また、手術の結果も医師の技術によって左右されます。 処女膜のどの部分を切開または切除しなければいけないのか、また逆にどの部分を切開すると後遺症のリスクが高いのかなど、熟知した医師でなければ、改善するどころか後遺症を残して悪化させてしまうこともあります。 さらに、手術をしてすぐに性交渉ができるようになるとは限りません。 痛みに対する恐怖心が残っているため、精神的な面での治療が必要となることもあります。 当院ではすべての方に対して、手術だけで終わることなく、性交渉ができるようになるまでのアフターフォローを徹底して行っております。

当院ではこういった症状でお悩みの方がひと月に何十人もお越しになり、それぞれの方に合った治療を行っております。 みなさまが共通して言われるのは、「こんなにすぐに治るのだったらもっと早く来ていればよかった」と。 全ての方に女性としての幸せな生活を手に入れていただけるよう、全力でお手伝いをさせていただきますので、安心してお任せください。

処女膜切開・切除(処女膜強靭症)手術の流れと当院の手術の特徴

① カウンセリング

お客様のお困りの内容をお聞きし、手術が必要かどうかを判断するため、診察をさせていただきます。 診察は、お客様のペースでゆっくり行いますのでご安心ください。 お時間や回数の制限は一切ございませんので、ご納得されるまでしっかりとご相談ください。

② 手術のお日にちの決定

手術をお決めになられましたら、ご都合の合う日時をご予約いただきます。 ご遠方の方やご来院日をできるだけ少なくされたい方は、前もってご相談いただきましたらカウンセリング当日の手術も可能です。お気軽にご相談くださいませ。

③ 手術
・麻酔

処置をする部分に局所麻酔を行います。 痛みがご心配な方や手術時に眠っていたい方は、静脈麻酔を併用していただけますのでご安心ください。

・切開・切除

痛みの原因となっている膜の部分を、切開・切除します。 膜は血流がよく出血しやすい部位ですので、しっかり止血します。

・縫合

必要な部分を数か所縫合します。 縫合糸は、自然に溶けてなくなる糸を使用しますので、術後の抜糸は必要ございません。

手術時間は、15分~20分程度になります。 手術中は、音楽を聴きながらリラックスした状態ですごしていただきます。 静脈麻酔をご使用される場合は、目が覚めたときにはすべての処置が終わっておりますのでご安心ください。

④処女膜切開・切除(処女膜強靭症)手術後の経過と注意点

痛み:手術当日~翌日は痛みがあることがございますが、痛み止めは必要ない程度です。 すぐにお仕事をされている方も多いですが、ご心配な方は翌日までお休みされると安心でしょう。

出血:手術当日~1週間くらいは、傷口からにじむ程度の出血があります。出血のある間は、運動は控えていただいております。

シャワー:手術当日から可能です。シャワーをすることで清潔を保ち、感染を防ぎます。

抜糸:溶けて自然になくなる糸を使用しますので、抜糸の必要はございません。

性交渉:術後4週目から可能です。

傷について:術後1カ月で傷は落ち着きます。ですが、まだ傷が治っている途中ですので、傷に硬さがあったり、時々ぴりっとした痛みや違和感があることもあります。個人差はありますが、術後2,3カ月で完全に落ち着いた状態になります。

処女膜切開・切除(処女膜強靭症)の体験談

  • 結婚を機に。子供を望んでいるのに性交渉が全くできなかった為。

    カウンセリングから診察まで女性のスタッフさんが本当に親切に対応していただいて落ち着いて受ける事ができました。

    詳しくはこちら

    詳しくはこちら

  • 彼氏から処女膜の真ん中が繋がっていることを指摘されたため。

    先生がはきはきしているけど優しそうな方だったため安心して手術を受ける事ができて良かったです。

    詳しくはこちら

    詳しくはこちら

  • 夫が先生のHPを探して栃木から来ました。

    本当にあっという間に終わってしまいました。先生が、手術が始まる前に声をかけてくれて本当に嬉しかった。

    詳しくはこちら

    詳しくはこちら

詳しくはこちら

詳しくはこちら

カウンセリング当日の手術可能
ご希望の方は、注意事項などのご説明をいたしますので、お電話にてお問い合わせください。

※手術のご予約の際には、手術代金の一部をご予約金としてお預かりさせていただきます。完全予約制のため、変更・キャンセルの際には既定のキャンセル料が発生いたしますのでご注意ください。

安心の保証制度
すべての施術で、施術後の再診はいつでも無料。
保証制度もご用意しました。
詳しくはこちら
交通費補助
施術料金が20万円以上 + 往復の交通費が1万円以上の方に限り、交通費を上限1万円まで補助します。
他院で失敗した方へ
一人ひとりに最適な解決法をご提案しております。
詳しくはこちら
診療時間
診療時間 日・祝
11:00~20:00

◎土・日・祝 10:00〜19:00 日曜日不定休
休診日につきましては、新着情報をご確認くださいませ。

PAGE TOP