無料カウンセリング
無料でBefore・Afterのシミュレーションをするから安心
イメージの湧きやすい最適な治療法を診断します ※初診の方は初診料3,300円(税込)を別途いただきます

    • STEP1 >
    • STEP2 >
    • STEP3
    ご予約内容必須
    ご希望日時

    第一希望日必須
    /

    第二希望日
    /

    第三希望日
    /

    • STEP1 >
    • STEP2 >
    • STEP3
    お名前必須
    当院での診療のご経験必須
    年齢必須
    • STEP1 >
    • STEP2 >
    • STEP3
    電話番号必須
    メールアドレス必須

    希望連絡方法必須





    性交痛(処女膜強靭症)は手術で治るの?

    「性交痛は、手術でなんか治らない」

    と言っている、産婦人科の先生がいます。

    本当にそうなのでしょうか?

    答えは、自信をもって 「NO」 です。

    そんなことを言う産婦人科医は、本当に無責任でダメ医者です

    もちろん、手術だけでは簡単に治すことはできないこともあります。

    でも、手術がどうしても必要な場合が多いですし、

    わたしは、手術が必要ない方に無理やり手術をすすめることは絶対にありません。

    性交痛の原因については、ブログなどで何度かお話ししていますとおり、

    「処女膜強靭症」によるものか、「ホルモン低下による膣の萎縮」かのどちらかがほとんどです。

    今回のお話は、処女膜強靭症が原因の場合のお話です。

    処女膜強靭症とは・・・?

    処女膜強靭症というのは、本来は薄くてやわらかい処女膜が、硬く厚いために破れずに痛みを伴うものです。

    普通は最初の性交渉で簡単に破れて、その後の性交渉では痛くなくなるのですが、

    強靭症の場合は破れないので、毎回強い痛みが伴います。

    何度も何度も強烈な痛みを経験することで、脳の中では

    性交渉=強烈な痛み

    の回路がつくられてしまい、性交渉が恐怖にかわっていきます。

    人は誰でも恐怖を覚えたとき、体中の筋肉が緊張し、かちこちにかたまりますよね。

    恐怖を繰り返してしまったことで、痛いとか感じる前に、性交渉という行為自体を体全体で拒絶するようになります。

    無料カウンセリングを受ける

    無料カウンセリングを受ける

    処女膜強靭症の治療方法は・・・?

    では、どんな治療をしていくのかと言いますと、

    まずは初めにお話しを聞いて、必要な方には膜の状態を診せていただきます。

    ほとんどの方が、先ほどお話ししたようにとても強い恐怖をお持ちです。

    診察時には緊張と恐怖と闘いながら、「がんばって」受けられます。

    ですから私も、そのがんばりを無駄にしないよう、できるだけ慎重に、そして痛みなく短時間で終わらせるようにとても気を使っています。

     

    診察で、手術が必要となる方は9割くらいです。

    手術は、眠る麻酔を使うことで、痛みや恐怖などが全くない状態でできます。

    術後は痛みもほとんどなく、生活の制限もほとんどありません。

     

    手術したらすぐに痛みのない性交渉ができるのか?

    そして、この手術の後が問題なのです。

    手術で痛みの原因となっていた処女膜のツッパリはなくなるので、

    普通に考えたら、その後の性交渉で痛みは出ないはずなんです。

    でも、やっぱり痛くてできないという方もいらっしゃいます。

    それはなぜか?

    最初にお話しした、「恐怖心」です。

    本当は痛みはないのに、脳が痛いって思いこんでしまっているのです。

    ですから、全身の筋肉は緊張したままであり、

    もちろん膣の筋肉も例外ではなく力いっぱい締まっているので、当然性交渉もできないままです。

    手術では物理的な問題は解決できるのですが、

    精神的な部分はすぐに変えることはできません。

    ですから次の段階では、

    性交渉=痛い ではなく、 性交渉=痛くない の回路に作り直す必要があるのです。

    これについては、当院独自の方法でトレーニングしてもらったり(ほとんどの方がこれだけで治せます)、

    症状が重い場合は、専門のカウンセリングを受けてもらったりします。

    脳が痛くないってことを覚えてくれたら、

    全身の筋肉の緊張もゆるんで、普通に性交渉できるようになります。

    早い人だと、1カ月の訓練でできるようになります。

     

    このように、手術だけでは治らないけれど、

    手術しないと治らないことも多いのです。

    それを、産婦人科医が一言で「手術なんかで治らない」と切り捨ててしまったら、

    本当は助かることができたのにあきらめざるを得なかった人の気持ちはどうすればいいのでしょう、、、

    もしこのブログを読んでくださっている方で、

    性交痛があるけど手術しても治らないって聞いた方や、

    病院に行くこと自体が怖い、と思っている方などがいらっしゃいましたら、

    ぜひ私のところへお話をしにいらしてください。

    診察しないでお話しするだけでもいいですし、

    それだけでもずいぶん気持ちが軽くなると思いますよ

     

    処女膜強靭症の手術の詳細はこちらです。

     

    セックスの痛みを解決する【処女膜の切開手術】医師が解説

    特記事項

    ■当院で取り扱う治療はすべて自由診療です。 

    ■効果や痛み、ダウンタイム等には個人差がございます。 

    ■各治療で使用する医療機器・医薬品について 

    • 1) 医薬品医療機器等法上の承認を取得しておりません。
      ※「フェムタッチ」「ビビーブ」「DVS(Vaginal Rejuvenation System)」はアメリカFDAで承認されています
    • 2) 医師が個人輸入により入手したものです。
      ※参考:個人輸入された医薬品等のリスクに関する情報
      https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/
    • 3) 同一の成分・性能を有する、他の国内承認医薬品等はありません。
    • 4) 重大な副作用などが明らかになっていない可能性があります。

    ※判明している副作用・リスクは各治療ページでご案内しております

    医師紹介

    なおえビューティークリニック 院長喜田直江

    平成13年 京都府立医科大学卒業後、産婦人科医として多数の分娩・手術症例を経験。
    平成15年 形成外科医として、形成外科の基本から縫合の技術まで幅広く習得。
    平成18年 大手美容外科にて美容外科・美容皮膚科全般を習得。とくに婦人科系の美容手術は、日本でも有数の症例数を誇る。
    平成23年10月、東京銀座でなおえビューティークリニックを開院。美容婦人科治療専門クリニック。 TV、雑誌など多数のメディアに出演中。

    日本形成外科学会会員、日本性科学会会員、日本抗加齢医学会会員、ビビーブ認定医、ウルトラヴェラ認定医


    女性器コンプレックス 愛する人と交われない女たちの苦悩

    婦人科形成が初めてな方・他院の治療を修正したい方
    まずはあなたのお悩みをお聞かせください。

    1. point1

      スタッフはすべて女性

      デリケートな部位ですから、男性に話をするのは抵抗があると思います。当院は、医師はもちろん看護師や受付もすべて女性です。同じ女性同士だからこそ共感できることはたくさんあります。安心してご相談ください。

    2. point2

      完全予約制で
      プライバシー徹底配慮

      当院は完全予約制ですので、他のお客様とお会いすることがない体制をとっております。待合室も個室になっており、プライバシーには徹底的に配慮しております。

    3. point3

      安心の保証制度

      全ての施術で、施術後の再診はいつでも無料です。また、万が一手術後に気になることがあった場合も、無料で治療ができる保証制度がございますのでご安心ください。

    無料カウンセリングを受ける