診療項目一覧 - デリケートゾーン(小陰唇・大陰唇Iライン・お尻Oライン)の黒ずみを解消

一人でお悩みの方 なおえビューティークリニックへ一度ご相談ください。

女性器整形 なおえビューティークリニックTOP > 診療項目一覧 >  女性器診療 > 

デリケートゾーン(小陰唇・大陰唇Iライン・お尻Oライン)の黒ずみを解消

デリケートゾーン(小陰唇・大陰唇Iライン・お尻Oライン)の黒ずみを解消

デリケートゾーン黒ずみ解消

デリケートゾーン黒ずみで悩まれている方へ

普段目にすることがなかった女性器の肌ですが、VIO脱毛をしてみるとご自身でもびっくりするほどに黒ずんでいたということで、クリニックにお越しいただくことは近年非常に多くなりました。 また、出産時に黒ずみが濃くなってしまい、出産後も薄くならないなどとお悩みの方も多くいらっしゃいます。 黒ずみはそれだけではとくに害はありませんが、濃く黒ずみが起こってしまっている場合は、洗いすぎや小陰唇や大陰唇の肥大症状が発生してしまっている可能性もあります。 その結果、たるみやしわなどにもつながり兼ねません。 程度が軽度の場合はすぐに改善できる可能性もありますので、まずはセルフチェックやカウンセリングを受けることをおすすめしています。

服を着ていればわからない場所。 でも、そのままでいいのですか?心も体も愛される女性に、生まれ変わってみませんか? そんな方におすすめしたいのが、当院のケミカルピーリングです。

デリケートゾーン黒ずみの症状

<小陰唇の黒ずみ>

陰部の中でも小陰唇の「色」の問題は大変多い悩みの一つです。 小陰唇は、その形状が大きいと摩擦によってどんどん色が濃くなる場合もございます。 小陰唇の黒ずみ解消は「小陰唇縮小術」という術法のみで、黒ずみ部分を切除する抜本的治療が可能な施術です。

<大陰唇(Iライン)の黒ずみ>

Iラインが黒くて恥ずかしい。若いときの色にもどりたい!女性にとってIラインの「色」の問題は大変多い悩みの一つで、特に大陰唇は外部の刺激を受けやすくメラニン色素の沈着がおこりやすい部分です。 大陰唇の黒ずみ解消は、大陰唇縮小手術で黒ずみの箇所を切除する方法とケミカルピーリングの二つの方法があります。

<お尻の黒ずみ>

椅子に長時間座ることが多かったり、痩せていて脂肪が少ないと座るときに骨で皮膚が圧迫され、お尻に黒ずみができやすくなります。 また、肛門周りのOラインも、排便後のふき取りによる摩擦でメラニンが増え、黒ずんでしまっている方が多くいらっしゃいます。お尻の黒ずみは、ケミカルピーリングで改善ができます。

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因

日本人は欧米人に比べもともと色素沈着が起こりやすい人種です。 また、デリケートゾーンはその他の場所に比べて肌が薄く、特に黒ずみの原因となるメラニン細胞の活動が活発な部位なので、色素沈着などの肌トラブルも表れやすい部分でもあります。 その中でも黒ずみの原因となるものがこちらです。

<刺激によるメラニン色素の増幅>

シミの原因となるのが「メラニン」というイメージですが、シミと同様、肌の黒ずみの原因ともなります。 肌が紫外線を浴びた時や刺激を受けた時に、保護機能としてメラニン色素は出ます。日常の下着の擦れや排尿後のふき取り行為による刺激などによって、元々メラニン細胞の活動が活発なデリケートゾーンは、さらにメラニンの生成が活発になり黒ずんでしまうのです。 とくに、小陰唇は皮膚がとても薄くダメージを受けやすいです。

<ターンオーバーの乱れ>

通常肌は紫外線などの刺激を受けてメラニンが生成された後には、再生機能(ターンオーバー)が働きメラニンを排出していきます。 ただデリケートゾーンは常に下着に触れているので、メラニン細胞の活動が収まる期間が少ないことや、ターンオーバーの働きが年齢とともに低下していくことから、黒ずみが解消されることなく、濃くなっていくのです。

<女性ホルモン>

女性ホルモンは、メラニン色素の生成を促進します。 妊娠・出産時に黒ずみが濃くなるのはそのせいです。 出産後、時間とともに薄くなりますが、お肌の状態によっては完全には元に戻らないこともあります。

 

デリケートゾーン黒ずみの治療や手術方法

<自力で解決する方法>

デリケートゾーンの黒ずみを改善するためにはまずケアの方法を変える必要があるでしょう。 まず、トイレの後は強くこすらず、やさしくティッシュで押さえる習慣をつけましょう。 それから、締め付ける下着も良くありません。 足の付け根の黒ずみが気になる方は特に、下着選びに気を使いましょう。 また、洗いすぎにも注意が必要です。 臭いを気にされている方は念入りにゴシゴシとボディーソープで洗浄してしまうことが多くありますが、摩擦は黒ずみを悪化させますので優しく洗いましょう。 デリケートゾーン専用のソープも最近では多く出回っています。 当院でも取り扱いがありますが、肌と同じ成分の弱酸性のものを使用するのが良いです。 また洗う際は洗顔と同じようにたっぷりの泡で包み込み、こするのではなく泡を押し付けるようにして洗浄しましょう。 とにかく摩擦や刺激を少なくすることが大切です。 洗浄をした後には、メラニンの働きを抑制する成分を含んだ美容液を使うことも効果的です。 デリケートゾーンはお顔やその他の部位と同じものを使ってしまうと肌トラブルを引き起こしてしまう可能性もありますから、必ず専用のものを使用するようにして下さい。 美容液は、ピーリングと併用すると吸収率が格段によくなるため美白効果を実感しやすいでしょう。 3か月を過ぎた頃から効果を実感できるかと思いますが、それでも満足できる状態にならない場合は、婦人科形成クリニックでの施術や治療を検討されると良いでしょう。

<婦人科形成での治療方法> ~小陰唇の黒ずみ~ 小陰唇縮小手術で黒ずみ部分の除去・切除

小陰唇が大きめの方は、下着に擦れることが多くなり黒ずみも起こりやすくなります。 その場合、黒ずみ部分を切除することが可能です。 切除することで小陰唇も小さくなり摩擦もおさえられるので、術後の黒ずみの再発も予防することができます。

~大陰唇(Iライン)の黒ずみ~ 大陰唇縮小手術で黒ずみ部分の除去・切除

小陰唇と同様に大陰唇が大きいと、下着との擦れで黒ずみやすくなります。 小陰唇よりも下着に触れる箇所が多いため、大陰唇の黒ずみで悩んでいる方はより多いです。 この場合、黒ずみ部分を切除することが可能です。 切除することで小陰唇も小さくなり摩擦もおさえられるので、術後の黒ずみの再発も予防することができます。

ケミカルピーリング

切除まではしなくても・・・という方にオススメなのがクリニックでのケミカルピーリングです。 当院のピーリングは医療機関でのみ使用できるピーリングですので効果が高く、また、数百例もの経験を積んだ女性看護師だけが施術しますので、ご安心ください。 ケミカルピーリングとは、酸の働きで古い角質を除去し、細胞の新陳代謝を促進させる施術を指します。 数種類の酸を使用して美白に特化した専用のプロトコルを用いたピーリングや、たんぱく質分解酵素を用いた前処置を行うことでピーリング剤の浸透を高めるという特徴のピーリングなど、より安全で効果的なピーリングメニューをご用意しております。 黒ずみだけではなく、吹き出物・くすみ・ざらつき・小じわを改善する効果もございます。 当院では、ご希望の方にはIライン(大陰唇)と同時にOライン(肛門周り)や足の付け根のピーリングも行っています(追加料金はありません)ので、お気軽にご要望をお伝えください。

~お尻(Oライン)の黒ずみ~ ケミカルピーリング

お尻の黒ずみには、ケミカルピーリングが効果的です。 大陰唇の黒ずみ除去と同様に古い角質の除去と新陳代謝の向上を促し、黒ずみを改善します。 また、ピーリングは吹き出物やざらつきの改善にも効果的です。

カウンセリング当日の手術可能
ご希望の方は、注意事項などのご説明をいたしますので、お電話にてお問い合わせください。

※手術のご予約の際には、手術代金の一部をご予約金としてお預かりさせていただきます。完全予約制のため、変更・キャンセルの際には既定のキャンセル料が発生いたしますのでご注意ください。

安心の保証制度
すべての施術で、施術後の再診はいつでも無料。
保証制度もご用意しました。
詳しくはこちら
交通費補助
施術料金が20万円以上 + 往復の交通費が1万円以上の方に限り、交通費を上限1万円まで補助します。
他院で失敗した方へ
一人ひとりに最適な解決法をご提案しております。
詳しくはこちら
診療時間
診療時間 日・祝
11:00~20:00

◎土・日・祝 10:00〜19:00 日曜日不定休
休診日につきましては、新着情報をご確認くださいませ。

PAGE TOP