診療項目一覧 - 処女膜の治療

一人でお悩みの方 なおえビューティークリニックへ一度ご相談ください。

処女膜

処女膜とは

処女膜は、腟口付近にあるリング状の粘膜のヒダのことで、正式には処女膜輪といいます。 もともと中央に穴が開いており、月経の血液やおりものが出るようになっています。 初めての性交で裂けて出血することもありますが、弾力があるため出血しないことも少なくないです。

処女膜は通常、やわらかくて弾力があるのですが、厚みがあって硬かったり、膜の形状に生まれつき異常がある人もいます。 その場合は痛みで性交渉ができないことが多く、手術が必要となります。(処女膜切開・切除術)

また、処女膜は通常とてもやわらかく切れやすいので、望まない形で破れてしまったという場合もあります。 残っている膜の状態にもよりますが、破れてしまった部分を手術で修復し、元の状態に戻すこともできます。(処女膜再生手術)

処女膜の施術一覧

破れてしまった処女膜を、修復します。 性交時の出血(処女であるという証拠)のための手術ともいえます。

詳しく見る

性交時に強い痛みや出血が続く場合は、処女膜の突っ張りが原因かもしれません。 原因となっている部分を切開することで、症状が改善します。

詳しく見る

最終更新日:

特記事項

■当院で取り扱う治療はすべて自由診療です。 

■効果や痛み、ダウンタイム等には個人差がございます。 

■各治療で使用する医療機器・医薬品について 

  • 1) 医薬品医療機器等法上の承認を取得しておりません。
    ※「フェムタッチ」「ビビーブ」「DVS(Vaginal Rejuvenation System)」はアメリカFDAで承認されています
  • 2) 医師が個人輸入により入手したものです。
    ※参考:個人輸入された医薬品等のリスクに関する情報
    https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/
  • 3) 同一の成分・性能を有する、他の国内承認医薬品等はありません。
  • 4) 重大な副作用などが明らかになっていない可能性があります。

※判明している副作用・リスクは各治療ページでご案内しております

医師紹介

なおえビューティークリニック 院長喜田直江

平成13年 京都府立医科大学卒業後、産婦人科医として多数の分娩・手術症例を経験。
平成15年 形成外科医として、形成外科の基本から縫合の技術まで幅広く習得。
平成18年 大手美容外科にて美容外科・美容皮膚科全般を習得。とくに婦人科系の美容手術は、日本でも有数の症例数を誇る。
平成23年10月、東京銀座でなおえビューティークリニックを開院。美容婦人科治療専門クリニック。 TV、雑誌など多数のメディアに出演中。

日本形成外科学会会員、日本性科学会会員、日本抗加齢医学会会員、ビビーブ認定医、ウルトラヴェラ認定医


女性器コンプレックス 愛する人と交われない女たちの苦悩

カウンセリング当日の手術可能
ご希望の方は、注意事項などのご説明をいたしますので、お電話にてお問い合わせください。

※手術のご予約の際には、手術代金の一部をご予約金としてお預かりさせていただきます。完全予約制のため、変更・キャンセルの際には既定のキャンセル料が発生いたしますのでご注意ください。

安心の保証制度
すべての施術で、施術後の再診はいつでも無料。
保証制度もご用意しました。
詳しくはこちら
交通費補助
施術料金が20万円以上 + 往復の交通費が1万円以上の方に限り、交通費を上限1万円まで補助します。
他院で失敗した方へ
一人ひとりに最適な解決法をご提案しております。
詳しくはこちら
診療時間
診療時間 日・祝
11:00~20:00

◎土・日・祝 10:00〜19:00 日曜日不定休
休診日につきましては、新着情報をご確認くださいませ。

PAGE TOP