診療項目一覧 - 高濃度成長因子(VFD)

一人でお悩みの方 なおえビューティークリニックへ一度ご相談ください。

高濃度成長因子(VFD)

デリケートゾーンの若返り

VFDとは

VFDとは、ご自身の血液中の血小板由来成分を濃縮したものです。 血小板には成長因子と呼ばれる細胞を若返らせる成分が入っており、コラーゲン産生や毛細血管の新生など皮膚や粘膜自体の再生力を高めます。 萎縮した膣粘膜をふっくらとやわらかくし、毛細血管が新生することで潤いを増やします。

血小板療法といえば、PRP療法が一般的に普及していますが、VFDはPRPを更に高濃度に凝縮させるため、成長因子がPRPの2倍以上含まれています。また、PRPは院内で採血当日に遠心分離を行って施術するクリニックが多いですが、VFDは専用施設内の無菌環境下で、専門のスタッフが加工しているため、安定した高品質の製品を提供できます。


VFD療法がおすすめの人

VFD療法がおすすめの人は、下記のとおりです。

  • ・更年期の性交痛を改善したい
  • ・膣の乾燥やにおいが気になる
  • ・デリケートゾーンの若返りをしたい
  • ・乳がんの既往などがあって女性ホルモンを使用できない
  • ・女性ホルモンを使用する治療は副作用が怖い
  • ・身体にできるだけ異物を注入したくない
  • ・アレルギー体質である
  • ・再生医療治療をしてみたいが、他人の細胞から作られた薬には抵抗がある

細胞が若返るために必要な成長因子(GF)

VFDは、抽出されるPDGFが、同量の血液から作られた PRP の 8 倍以上、TGFと EGFが 6~8 倍、IL-1RAが 5 倍、多く含まれています。


VFD療法の特徴

VFD療法の特徴は、主に3つあります。

特徴1 自身のPRPを高濃度に凝縮、活性化

VFDは、PRPの2倍以上の成長因子を含みます。コラーゲンやエラスチンやヒアルロン酸などを産生する成長因子の作用で、萎縮・老化した細胞が活性化します。


特徴2 自己血液由来なのでアレルギーや副反応などのリスクが低い

無添加、防腐剤フリー、ご自身の血液由来成分なので、アレルギーや異物反応を低減できます。


特徴3 フリーズドライ製法により長期保存が可能

1回の採血で1セット6本を作成できます。フリーズドライ製法なので、約6か月間の保存が可能です。


フルオーダーメイドで作られるVFD作成の流れ

VFDは、フルオーダーメイドで作成されます。流れは下記のとおりです。


  • ①VFDを作成するために、50ccほどの採血をさせて頂きます。
  • ②製造はクリニック内ではなく、厚労省特定細胞加工物製造許可施設 (国が認可している医療施設)で行います。
  • ③感染症検査(HIV抗原抗体など)、血液検査、無菌検査、など血液の安全性や適応を厳しくチェックします。
  • ④適応性が確認されましたら、無菌クリーンベンチ内で一人分ずつ製造し、衛生面を保持します。複数人の検体を同時に処理することはありません。
  • ⑤採血からVFD製造の完了までを、一人ずつ異なるバーコードで管理し、オリジナルナンバーをパッケージと瓶にまでしっかりとラベリングしますので、取り違えなどの心配はありません。
  • ⑥採血後、約3週間で作成されたVFDがクリニックに届けられます。

VFDの注入方法

VFDを注入する方法は2通りあります。

①注射

非常に細い針で、気になる部位にピンポイントで注入していきます。 膣内への施術は、基本的にはこの方法になります。


②ダーマペン4で全体に注入

ペンタイプの皮膚再生治療器具「ダーマペン4」を使ってお肌全体にVFDを注入していきます。 先端に16本の超極細針がついていて、お肌に微細な穴をあけ薬剤を注入していきます。 細かい小じわや全体的なたるみ、肌質改善をしたい方におすすめです。

※ダーマペン4の詳細はこちら

VFDの注入可能部位

デリケートゾーン(膣内、大陰唇、お尻、足の付け根)だけでなく、首などご希望の部位にも注入できますので、お気軽にご相談ください。


VFDは、1セットで6本(1本1㏄)作製され、6か月間はクリニックで保管できます。 同じ部位に1か月の期間をあけて集中的に注入することもできますし、同日に”1本は膣内に1本は大陰唇に…” のように複数部位に注入することもできます。
(※同じ部位の場合は、1ヵ月以上の期間をあけて頂くと注入できます)


当院のVFD療法の特徴

施術時間 初回は採血のみ。注入は10分から20分。
麻酔 麻酔クリーム、笑気麻酔(料金別)。
ダウンタイム 腫れ・内出血。注入部位によりますが、3~7日程度で落ち着きます。
施術間隔 同部位なら1ヵ月あけて追加注入が可能です。
※1セット(6本)を6か月間クリニックで保管できますので、期限内に追加注入にお越しください。
シャワー・入浴 シャワーは当日、入浴は翌日より可能です。
VFD療法の料金
VFD作成
1回 220,000円
注入料金
注射/1部位 22,000円
ダーマペン4 女性器まわり
(Iライン、Oライン、足の付け根も含む) 44,000円
10×10㎝ 22,000円
※いずれもVFD1㏄使用
麻酔クリーム
女性器まわり
(Iライン、Oライン、足の付け根も含む)
11,000円
10×10㎝ 5,500円
笑気麻酔 11,000円

※税込み
※血液検査時に感染症が見つかった場合、VFD治療はできません。
その場合も外部委託のため、採血代金として16,500円(税込)は頂くことになりますので、ご了承ください。

最終更新日:

特記事項

■当院で取り扱う治療はすべて自由診療です。 

■効果や痛み、ダウンタイム等には個人差がございます。 

■各治療で使用する医療機器・医薬品について 

  • 1) 医薬品医療機器等法上の承認を取得しておりません。
    ※「フェムタッチ」「ビビーブ」「DVS(Vaginal Rejuvenation System)」はアメリカFDAで承認されています
  • 2) 医師が個人輸入により入手したものです。
    ※参考:個人輸入された医薬品等のリスクに関する情報
    https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/
  • 3) 同一の成分・性能を有する、他の国内承認医薬品等はありません。
  • 4) 重大な副作用などが明らかになっていない可能性があります。

※判明している副作用・リスクは各治療ページでご案内しております

医師紹介

なおえビューティークリニック 院長喜田直江

平成13年 京都府立医科大学卒業後、産婦人科医として多数の分娩・手術症例を経験。
平成15年 形成外科医として、形成外科の基本から縫合の技術まで幅広く習得。
平成18年 大手美容外科にて美容外科・美容皮膚科全般を習得。とくに婦人科系の美容手術は、日本でも有数の症例数を誇る。
平成23年10月、東京銀座でなおえビューティークリニックを開院。美容婦人科治療専門クリニック。 TV、雑誌など多数のメディアに出演中。

日本形成外科学会会員、日本性科学会会員、日本抗加齢医学会会員、ビビーブ認定医、ウルトラヴェラ認定医


女性器コンプレックス 愛する人と交われない女たちの苦悩

カウンセリング当日の手術可能
ご希望の方は、注意事項などのご説明をいたしますので、お電話にてお問い合わせください。

※手術のご予約の際には、手術代金の一部をご予約金としてお預かりさせていただきます。完全予約制のため、変更・キャンセルの際には既定のキャンセル料が発生いたしますのでご注意ください。

安心の保証制度
すべての施術で、施術後の再診はいつでも無料。
保証制度もご用意しました。
詳しくはこちら
交通費補助
施術料金が20万円以上 + 往復の交通費が1万円以上の方に限り、交通費を上限1万円まで補助します。
他院で失敗した方へ
一人ひとりに最適な解決法をご提案しております。
詳しくはこちら
診療時間
診療時間 日・祝
11:00~20:00

◎土・日・祝 10:00〜19:00 日曜日不定休
休診日につきましては、新着情報をご確認くださいませ。

PAGE TOP