性交痛

一人でお悩みの方 なおえビューティークリニックへ一度ご相談ください。

性交痛

2016年12月25日

性交痛とは??

性交痛っていう言葉はそれほどめずらしくはないですが、

実際に経験された方は、そんなに多くないかもしれません。

でも、女性ならいつか必ず経験するものなんです

 

まず、性交痛の原因って何でしょう?

大きく分けて3つあります。

 

まず1つ目は、処女膜強靭症。

普通はやわらかくてうすい処女膜が、がちがちに硬く厚くなっているために、

破れることも広がることもできずに痛みで性交ができない状態です

このような状態が存在するということが世の中に認知されていないために、

治療できることも知らずあきらめている人も少なくありません。

手術とすこしの訓練で、すぐに解決できるものなのです。

 

2つ目は、女性ホルモン低下によるもの。

40代になると女性ホルモンは坂を転がるように低下します。

膣の潤いや弾力は女性ホルモンのおかげ。

ですが、そのホルモンの低下により、膣の壁は乾き、硬く委縮してきてしまいます

治療方法は、女性ホルモン補充療法。

でも、ホルモン補充ができない人やホルモンに抵抗がある人には、

レーザー治療やヒアルロン酸注射でも改善させることができます。

婦人科で相談しても、病気ではないからと真剣に聞いてくれる先生は少ないかもしれません。

そんな時はあきらめずに私に相談してくださいね

 

3つ目は、ストレスによるもの。

上の2つの原因が当てはまらない場合は、ほとんどがストレスによるものです。

女性の身体はとてもデリケート。

ちょっとしたストレスでも生理が不順になったり吹き出物ができてしまったり。。。

それと同じで、ストレスで膣はすぐに潤いをなくすんです

ストレスがなくなれば元に戻りますが、

そんなに簡単になくせるもんじゃないですよね。

そんなときは、潤滑ゼリーをうまく使ってください。

最近は、タンポン型のジェルもありますので、ご自分で簡単に使うことができますよ

クリニックにも何種類かございますので、ぜひ参考になさってください。

 

性交痛が続くと、それがストレスになってますます痛くなる。。。

そんな悪循環で、性交渉自体をあきらめてしまう方も少なくありません。

治療できるのにあきらめてしまうのはもったいないです

いつでもご相談お待ちしておりますね

 

性交痛についての詳細はこちらです。

 

特記事項

■当院で取り扱う治療はすべて自由診療です。 

■効果や痛み、ダウンタイム等には個人差がございます。 

■各治療で使用する医療機器・医薬品について 

  • 1) 医薬品医療機器等法上の承認を取得しておりません。
    ※「フェムタッチ」「ビビーブ」「DVS(Vaginal Rejuvenation System)」はアメリカFDAで承認されています
  • 2) 医師が個人輸入により入手したものです。
    ※参考:個人輸入された医薬品等のリスクに関する情報
    https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/
  • 3) 同一の成分・性能を有する、他の国内承認医薬品等はありません。
  • 4) 重大な副作用などが明らかになっていない可能性があります。

※判明している副作用・リスクは各治療ページでご案内しております

カウンセリング当日の手術可能
ご希望の方は、注意事項などのご説明をいたしますので、お電話にてお問い合わせください。

※手術のご予約の際には、手術代金の一部をご予約金としてお預かりさせていただきます。完全予約制のため、変更・キャンセルの際には既定のキャンセル料が発生いたしますのでご注意ください。

安心の保証制度
すべての施術で、施術後の再診はいつでも無料。
保証制度もご用意しました。
詳しくはこちら
交通費補助
施術料金が20万円以上 + 往復の交通費が1万円以上の方に限り、交通費を上限1万円まで補助します。
他院で失敗した方へ
一人ひとりに最適な解決法をご提案しております。
詳しくはこちら
診療時間
診療時間 日・祝
11:00~20:00

◎土・日・祝 10:00〜19:00 日曜日不定休
休診日につきましては、新着情報をご確認くださいませ。

PAGE TOP